qovoってなに?
qovoって何ですか?
qovoはものづくりの進捗を記録・共有・管理するWebサービスです。
Webブラウザがあれば、PCからもスマホからも、どなたでもご利用いただけます。アプリではありませんのでインストールは不要です。
何を記録するんですか?
ものづくりの途中経過ならなんでもOKです。イラスト、漫画、フィギュア、ゲーム、アプリ、家具、アクセサリーなど、創作の過程であれば制限はありません。
どういうふうに記録するんですか?
qovoをはじめると、あなたの作業専用のタイムラインが用意されます。このタイムラインに、テキスト、画像、動画、音声ファイルを投稿することで作業を記録してます。非公開にもできるので、自分用の作業メモとしても活用いただけます。
PCやスマートフォンに保存したファイルをアップロードできるのはもちろん、PCをご利用の場合は作業中の画面を直接qovoでキャプチャできます。
ライブ配信サイトですか?
ライブ配信に近いこともできますが、ライブ配信サイトそのものではありません。あくまで、ものづくりの進捗の記録に重点を置いたサービスです。
本格的な創作じゃないとダメですか?
いいえ、創作活動の一環であれば、練習やプロトタイプの投稿もOKです。
成人向けや二次創作もOKですか?
はい、問題ありません。成人向けの作業を行う場合は、投稿ガイドラインを遵守してください。
プロジェクトとセッション
qovoでは、「プロジェクト」と「セッション」という単位で作業を記録していきます。
プロジェクト
プロジェクトは、ある一つのものづくりをまとめるためのもので、通常はなんらかの締切日とセットになります。例えば「夏のイベントに向けて一冊の本をつくろう!」というのがひとつのプロジェクトです。

タイムラインはプロジェクト単位でまとめられます。つまり、プロジェクトの数だけ専用のタイムラインが用意されるということです。
qovoでは好きなだけプロジェクトを作成することができます。作成しなくても作業の記録はできますが、プロジェクトを作ることで、作業をまとめたり、スケジュール管理がやりやすくなります。
セッション
セッションは、プロジェクトよりももっと短いスパンの一連の作業です。たとえば、「今日はお昼の2時から夕方5時まで作業しよう」というのがひとつのセッションです。時間制限はなく、数分間のセッションでも、数日間のセッションでもOKです。
qovoで記録するすべての作業記録は、あるひとつのセッションに紐づきます。セッションは、さらにプロジェクトにまとめることができます。
作業を記録する
メインメニューから作業をはじめるを押すと記録を開始します。
セッションの開始と終了
作業画面に移動すると自動的にセッションがはじまります。すでにセッション中の場合は現在のセッションが表示されます。
セッション中は経過時間が表示されます。作業が終わったら、経過時間の右側にある終了を押すとそのセッションが終了します。 このボタンを押すか、次に説明する「プロジェクトの切り替え」を行わない限り、そのセッションは終了しません。
ひとつも投稿がなかったセッションは、終了とともに破棄されます。
セッション中にページを移動してもいいの? 問題ありません。一度セッションを開始すると、ページを移動しても、ブラウザを閉じても、ログアウトしても、qovoの作業画面に戻れば同じセッションに復帰します。
プロジェクトの切り替え
上部の青いプルダウンメニューを選択することで作業を記録するプロジェクトを変更できます。プロジェクトを切り替えるとそれまでのセッションは終了し、新しいセッションが始まります。タイムラインもそのプロジェクトのものに切り替わります。
最初に作業画面に移動したときは、「フリーセッション」が選択された状態でセッションがはじまります。フリーセッションとは、いずれのプロジェクトにも紐づかないセッションのグループです。
すべてのセッションは、あとからいつでも他のプロジェクトに移動できます。
セッションの公開範囲
セッションは3段階の閲覧制限をかけることができます。同じプロジェクトでも、セッションごとに閲覧制限を変更できます。
公開
すべてのユーザーおよびゲストがそのセッションを閲覧できます。
公開セッションはあなたのユーザーページに表示され、訪れた他の人が誰でも閲覧できるようになります。また、あなたをフォローしている人のホーム画面(トップページ)にも随時表示されます。

みんなのホームにも表示する
このオプションをONにすると、あなたのフォロワーだけでなく、すべてのユーザーのホーム画面(トップページ)にそのセッションが表示されます。より多くの人に公開したいときに選択してください。
限定公開
URLを知っているユーザーおよびゲストだけがそのセッションを閲覧できます。qovo内のあらゆるページからもリンクされません。
限定コンテンツとして作業を公開したい場合にご利用ください。
非公開
あなた以外はそのセッションを閲覧できません。個人的な作業記録にご利用ください。

作業画面のタイムラインでは、過去の投稿も含め、それぞれのセッションの公開範囲がアイコンで示されます。
コメントの許可
「コメントを許可」をONにすると、作業中、セッション単位で他のユーザーからのコメントを受け付けることができます。さらに、「匿名を許可」をONにすると他のユーザーが匿名でコメントを投稿できるようになります。デフォルトではどちらもONの状態でセッションが始まります。
投稿
qovoのタイムラインに画像や動画を記録する方法は3つあります。

画面キャプチャを使う
あなたのPCの画面から、直接画像や動画をキャプチャして投稿します。次のセクションで説明します。

ファイルをアップロードする
タイムライン上部にある「ファイルを追加」ボタンを押すか、同エリアに直接ドラッグ&ドロップすればqovoに投稿できます。
画像ファイル(jpg/png/gifなど)、動画ファイル(mp4/oggなど)、音声ファイル(mp4/wavなど)をアップロードすることができます。

コピー&ペーストする
タイムライン上部のコメント欄で、別のアプリからコピーした画像をペーストすれば画像を投稿できます。
複数のデバイスを併用する
qovoはPCとスマホに対応しており、同じアカウントでログインすれば、複数のデバイスで同じセッションを共有できます。
これにより、PCで画面キャプチャをしながら、スマホでその様子を撮影して投稿する、といった使い方も可能です。投稿した内容はリアルタイムで同期されます。
画面をキャプチャする
作業画面でキャプチャ開始を選ぶと、PCの画面をキャプチャできるようになります。
ブラウザの機能を利用するため、他に特別なソフトウェアをインストールする必要がありません。
同様に、を選ぶと、PCに接続されたWebカメラの映像をキャプチャできます。
をONにすると、動画撮影時、マイクからの音声も同時に録音できます。
対応ブラウザ
画面キャプチャはデスクトップ版ChromeまたはFirefoxで有効になります。Chromeはウィンドウを指定してキャプチャ可能です。Firefoxは全画面キャプチャのみ対応しています。
Chromeを利用する場合は拡張機能をインストールする必要があります。通常は最初のキャプチャ時にインストールされますが、うまくインストールできない場合はChromeストアから直接インストールしてください。 Firefoxはインストール不要です。
画面キャプチャを利用しない場合は、他のブラウザでも投稿できます。
Windows7をご利用の方へ Widows7 + Chromeでウィンドウを指定してキャプチャすると動作が不安定になります。全画面キャプチャをご利用ください。
キャプチャ
キャプチャを開始すると、qovoにPCの画面またはアプリケーションが表示されます。キャプチャを開始しただけでは、画面は記録も共有もされません。ここからさらにアクションを起こすことで作業が記録され、他の人があなたの投稿を見れるようになります。
スクリーンショット
キャプチャした画像を1枚の画像として投稿します。
自動投稿
指定した間隔で自動的にスクリーンショットを投稿します。
ムービー
キャプチャ中の画面を1回最大30秒の動画として投稿します。をONにしている場合は、マイクからの音声も同時に録音されます。
GIFアニメ
画像を一度に2枚以上キャプチャまたはアップロードすると作成できるようになります。
タイムラプス
作業の様子をコマ撮り撮影します。撮影間隔は5秒~60秒で選べます。
タイムラプス中は、セッションを閲覧しているユーザーに最新の画像がリアルタイムで表示されます。
タイムラプス中は画面表示が上記のようになります。を押すと一時停止、を押すとそれまでのタイムラプスが動画として投稿されます。
撮影中の画像は随時qovoに保存されるので、ページの移動や再読み込みをしても、セッションに戻れば再開できます。
セッションを終了するとそのタイムラプスも終了し、強制的に動画に変換されます。
トリミング
キャプチャ中の画面上を直接ドラッグすることで、その範囲だけトリミングして記録できます。トリミングは、スクリーンショット、自動投稿、ムービー、タイムラプスのすべての機能で有効です。
文章作業を記録する
テキストの記録
qovoは文章を書く人のためのサポート機能も備えています。
コメント入力欄の下部にある「テキストファイルを監視」を押してテキストファイル(.txt)またはWordファイル(.docx)を選択すると、文書ファイルの解析を行います。
作業中のファイルがどちらのフォーマットでもない場合は、「直接入力」ボタンから、制作中の文章をそのまま登録できます。

このエリアが表示されない場合は、コメント欄下部の「A」ボタンを押すと表示されます。
文書ファイルを登録すると、文字数や行数などが解析され、タイムラインに投稿できるようになります。
記録した文字数は、各プロジェクトの画面から推移を確認できます。
解析された文章からワードクラウド(下図)を投稿することもできます。出現頻度の高い単語は大きく、そうでないものは小さく表示されます。文章そのものは載せられないけど雰囲気は伝えたい、という場合に利用できます。
シェアする
セッションの共有
公開セッションまたは限定公開セッションは、セッションパネルのボタンを押すと、そのセッションを共有するためのツイートウィンドウが開きます。
Twitter以外に共有したい場合は、ブラウザのアドレスバーに表示されるURLをそのまま共有してください。
ボタンを押すと、デスクトップ通知またはLINE通知をONにしているあなたのフォロワーに対して、そのセッションのURLをリアルタイムで通知します。
画像または動画の共有
それぞれの投稿のツイートボタンを押すと、qovoに投稿した画像または動画をTwitterにツイートできます。
140秒以上の動画、または画面サイズが1280x1024以上の動画は投稿できません。
プロジェクトを作る&PRする
メインメニューからプロジェクトを選ぶことでプロジェクトが管理できます。
プロジェクトの作成
プロジェクトの名前、サムネイル、目標などが設定できます。
非公開にすると自分だけが閲覧できるプロジェクトになります。プロジェクトを非公開にしても紐づくセッションは非公開にはなりません。セッション独自の閲覧制限が優先されます。
PRページの作成
プロジェクトを作成すると、詳細ページからそのプロジェクトの紹介ページを作成できるようになります。
ビジュアルエディタを採用しているのでHTMLの知識は不要、すぐに公開できます。アップロードした画像素材を簡単にページに貼り付けることもできます。制作物のPRにぜひご利用ください。
プロジェクトヒストリー
PRページには、プロジェクトへの投稿や、締切などのマイルストーンをまとめてヒストリー形式で表示することができます。みんなにプロジェクトのこれまでの歩みや、これからの予定を見てもらう時にとても便利です。
公開セッションの投稿を自動的に表示するか、または手動で投稿を指定して表示できます。

手動の場合は、投稿の右上にあるマークを押します。この場合は非公開セッション・限定公開セッションの投稿でも表示されます。プロジェクトにとって重要な投稿や節目の投稿をしてみましょう。
スケジュールを管理する
スケジュール管理するには、メインメニューからタスクを選びます。
qovoの進捗管理
qovoの進捗は「タスク」単位で管理します。たとえば「下描きする」「着色する」「チェックする」などが一つのタスクですが、タスクの細かさは自由に決められます。
これらのタスクは「タスクボード」にまとめられます。タスクボードはいくつでも作成でき、ひとつのプロジェクトに複数のボードを紐づけることができます。もちろん、紐づけずに独立して利用することもできます。
タスクボードにはプリセットが用意されているので、用途に合わせてすぐにタスク管理をはじめることができます。ゼロから自分でタスクを登録することもできます。
タスクのステータス
すべてのタスクは3つのステータスで管理されます。qovoでは、この3つのステータスを変更することでタスク管理を行います。
これから着手
そのタスクにまだ手を付けていない状態です。
作業中
現在そのタスクに着手し、完了に向けて作業している状態です。
完了
そのタスクの作業がすべて終わった状態です。
ステータスは、タスクを画面上でドラッグすることで手軽に変更できます。ステータスを変更すると自動的に進捗率が算出されます。
タスクの詳細設定
タスクには、それぞれの開始日、期日、チェックリストなどを個別に登録できます。開始日や期日を入力しなくてもタスク管理はできますが、正確でなくても、まずは登録してみることをおすすめします。
プロジェクトとの連携
タスクボードにプロジェクトを紐づけると、そのプロジェクトのセッション中、作業画面にもタスクが表示されるようになります。作業しながらタスクの追加やステータスの変更ができます。
また、プロジェクトの設定から「関連タスクをプロジェクトページに表示する」をONにすると、登録したタスクがそのプロジェクトのヒストリーに表示されます(期日を設定したタスクのみ)。マイルストーンを一覧したいときや、みんなに共有したいときにご利用ください。
デスクトップ通知
タスクボードの画面から「デスクトップ通知をON」を押すと、qovoがタスクの開始日や終了日にリマインドするようになります。
デスクトップ通知とは、qovoのページを開いていなくてもブラウザが起動していればデスクトップに通知が表示される機能です。Chrome、Firefoxが対応しています。
最初にONにするときにブラウザから通知の許可を求められるので、問題なければ許可してください。通知はいつでもOFFにできます。
みんなでスケジュール管理する
タスクボードの共有
タスクボードには他のqovoユーザーを追加することができます。それぞれのタスクを自分以外の人に割り当てステータス管理してもらうことができます。追加してもqovoから相手への通知はありませんので、ご自身で相手にお知らせください。
ファイルとメッセージの共有
それぞれのタスクボード上では、招待したユーザー同士でファイルやメッセージをやりとりすることができます。
タスクボードの公開範囲 タスクやメッセージなどのタスクボードの内容は、自分または招待したユーザー以外の人には見えません。ただし、プロジェクトの設定で「関連タスクをプロジェクトページに表示する」をONにすると、タスクの名前と期日がプロジェクトヒストリーに表示されるようになります。
タイマーで作業に集中する
qovoでは、作業の生産性を上げるためのポモドーロ・テクニックが利用できます。
ポモドーロ・テクニック
ポモドーロ・テクニックとは「集中して作業する時間」と「短い休憩」を繰り返す手法です。考案者がトマト(イタリア語でポモドーロ)型のキッチンタイマーを計測に使ったことからこの名前がついています。
通常、一回の作業は25分で、その直後の休憩は5分です。この30分のセットを「1ポモドーロ」とします。4ポモドーロめの休憩は少し長めに、15~30分取ります。これをその日の目標タスクが終わるまで繰り返します。
qovoでは、これらの時間を設定で変更できます。
ポモドーロ・テクニックのルール
  • 作業中は他のことをやってはいけません。他の人から邪魔をされてもいけません。
  • 1ポモドーロ(デフォルト30分)が最小単位です。「0.2ポモドーロ」のようなものはありません。途中で作業を中断したらそのポモドーロは失敗になります。
  • 同様に、30分より早く作業が終わってもそのポモドーロは切り上げられません。残った時間で作業を見直したり、次のタスクに取り掛かりましょう。
タイマーの開始
ポモドーロはタスク単位で行います。タスク画面またはセッション画面で表示されるタスクの、オレンジ色のストップウォッチを押すとポモドーロが始まります。このストップウォッチはステータスが「作業中」のタスクにのみ表示されます。
ストップウォッチを押すとすぐに全画面でカウントダウンがはじまります。画面右上のボタンを押すと全画面表示が解除されます。
このとき、画面下のドロップダウンからチェックリスト単位で作業を変更できます。実際に獲得したポモドーロと、事前に見積もったポモドーロも時間単位で表示されます。
ドロップダウンを押すと、そのタスクのチェックリストが一覧表示されるので、記録したい作業をクリックしてください。
トマトをドラッグすると、すでに獲得したポモドーロを移動することができます。間違って別の作業に記録してしまったときなどにご利用ください。
タイマーの終了
明示的な終了ボタンはありません。時間がくるとベルが鳴り、画面上の時間をクリックすると休憩フェーズに移行します。休憩をはじめるまでは計測され続けるので注意してください。
休憩時間が経過すると再びベルが鳴り、画面上の時間をクリックすることで次のポモドーロがはじまります。
作業時間の見積もり
タスクにチェックリストを登録したあと、チェックリスト上部の「目標時間を設定」ボタンを押すと、作業時間の見積もりを入力できるようになります。見積もりはポモドーロ単位になります。
レポートを見る
レポート画面から、その日に獲得したポモドーロと実際に記録された作業時間を確認することができます。